2008年05月03日

二十三回忌

夕日とかもめ

とりあえず、日本海に沈む夕日です。
今日は暑いくらいでした。


法事の方は、まあ身内ばかりでしたし、
朝、私が結局、お坊さんを迎えに行くことに・・・
ちょっとキツいんですけど・・・

でも、久々に会った坊さんと車の中でいろいろ話せて。
割りと楽しいドライブ?でした。
憲法九条の話しとか(笑)

こんな風に話せるなんて、すこしビックリ。
やっぱり割りと調子はいいんですね、きっと。

父の遺骨の頭の部分が、仏壇にあったのを墓に戻しました。
これが通例なのかどうかは判りませんが。
とりあえず母がすぐに離れるのは嫌だったので、骨を置いてたとか。

墓
昨年の中越地震沖地震の影響で3cmほど一番上がずれてますが、
見える方向が少し変わって、雰囲気が変わったからいいよ、って(笑)




墓から見る海

酒と海をこよなく愛した父の入ってる墓は、
海の見えるところにあります。



兄貴が自宅のネットワークを勝手にいじってて、
パソコンがしばらくつながらなく。
今になってしまいました。

無線LANのセキュリティを40ビットから128ビットにしたとか・・・
いやいや、大丈夫でしょ・・・?
こんなところで、田舎なんだから(苦笑)

設定とかするの大好きなんですよ兄は。
ま、仕事もそんなのやってますから。
でも、今回はちょっと迷惑。

みなさんのブログにお邪魔できなくって。
申し訳ないです。
自宅に帰ったら、またお邪魔しま〜す。

バナー nekoバナー
 ←応援お願いしま〜す


詩集の出版化(紙媒体)を目指してます!
COLORFUL ―イロトリドリ― 宮下幸子作
こちらも応援お願いします♪


posted by 抑うつ父さん at 23:12| Comment(17) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

天気良く、暑い・・・

こちら神奈川では22℃くらいまで気温が上がりました。
天気も良く、爽快って感じでしょうか。

今日はプールも行ってきましたし、
活動としてはまあまあ。昼寝も無しで何とか。
安定した気分が続いてます。

でも、また木曜くらいから天気は下り坂とのこと。
春の良い天気は続かないものですね。
天気予報がハズレる事を願います。(と言うかハズレそうな気がします)

昨日の中性脂肪の件、
妻の実家でも話題になっていたようで、妹が151でも中性脂肪が割かし
高めだから、って思っておかないとダメだよって病院に先生に言われたとか。

食後とかそんなのあんまり関係なく、多少高めに出るかもしれないけど、
だいたい出た値に近い値だと思った方がいいとも言われたみたいで、
とにかく病気になり易いので気を付けないと。と言うことだったみたいで・・・

まあ、そういう事で妻から電話があって、納豆毎日食べろと。
あと、夕食をとにかく少なくすればいいって。
食べなくてもいいとか。

意外な展開になって来たなぁと思いつつ、まあ心配してくれてるんだから
少しでも正常値に近くなるまで治さないと。
と言うか、自分でも数値もありますが、体重増加がヤバイと思ってましたし。

もう少し食生活を見直す必要がありそうです。
でも、病院に行くのはちょっと・・・
「中性脂肪が高いんですが・・・」って行くのかなぁ?
微妙ですね(苦笑)


***********************************
昨年末にかけて、ネコが飼いたくてしょうがなかった時期に、
自転車でサイクリングついでに周辺を彷徨ったときは全然居なかったネコが、
最近ではちょっとプールに行くまでの道で2匹、
プールからコンビニに行く道で3匹くらい発見しました。

やっぱり寒いと居ないんですね。(笑)
そんな時期にネコを探してた私が何だかアホみたいで(苦笑)
近くにこんなに居るじゃん!


今発見したネコは、いずれも飼い猫ではなくノラ猫です。
多分近所の人が餌を与えて生活しているんだと思います。
こういう世話の仕方は賛否両論だと思いますが、
いずれにしても人間のせい、人間の勝手でノラ猫になっていることは間違いないです。

餌をやるな!と言う人も居るでしょう。
でも食べるものが無いと生きて行く事さえ困難になります。
猫が嫌いな人とかは迷惑極まりない話しでしょうが。

私は何か食べれる物を持っていたら、きっとあげると思います。
ただ、警戒して、寄っても来ませんけど・・・

あぁ、やっぱり猫飼いたいなぁ〜

バナー nekoバナー
 ←応援お願いしま〜す


詩集の出版化(紙媒体)を目指してます!
COLORFUL ―イロトリドリ― 宮下幸子作
こちらも応援お願いします♪
posted by 抑うつ父さん at 17:25| Comment(18) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

うつは治す病気

来週の月曜日にこちらに帰ってくることが決まったみんなですが、
まだ息子も娘も絶好調って感じではなく、
結局今は妻が風邪が一番酷いって、病院で言われたみたいです。

自分の都合で、いろいろと負担を掛けてしまい
家族には申し訳なかったなぁと思ってます。


私が良く見に行くHPの一つに
『Dr.林のこころと脳の相談室』
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/index.html
ってのがあります。

まあ正確には最近はそんなに見てませんでしたが、最近また少し見てみました。
『うつ病』のところをみると、
うつ病は治る病気です。と記載されてます。

そして、さすが精神科医のページだけあって、いろいろと情報が載ってます。
まあ、ココを見るだけでも、何か本を買って読んでみるのと同じくらい、
うつに関しては病気であることの理解が深まるかもしれません。

医師は医師の立場から、治る病気です、と言ってられると思います。

ふと考えてみました。
私は違うと・・・私は、

うつは治す病気です。

これが私が思っていることに近いかなぁ〜と。
医師の診察、カウンセリング、投薬、休養、リハビリ・・・
様々な治療法を駆使して、『治る』んじゃなくって『治す』んじゃないかと。

能動的な意味を持って病気と向かい合い、
治すんだ、って思うことが一番大切だと思ったんです。
勿論、こう言う思考にたどり着く、もしくはそう言う思考を持つことは、
うつの段階によっては、止めた方がいい場合もあると思います。

特にうつの初期はそんな事考える余裕などありませんし、
病気だって言うこと自体を認められない時期があると思うからです。

で、自分は『治す』ために、きちんとした方向性を持っているか。
足踏みはしててもいい。向いている方向さえ正しければ。
少し考えてみました。

今の自分は少し方向性を見失っている様子です。
足踏み状態ではなさそうですが、若干彷徨っている、と言ったほうが
適切かもしれません。

少し舵とりが上手に出来て無い感じがします。
それには様々な要因があるのでしょう。
復職に関して積極的に考えられないのが最大の要因だと思います。

『元気になりたい』『元気な自分に戻りたい』
これはこれで今でも強くそう思ってますが、これは結果です。

今は、原因探しや方向性を見失うことにパワーをあまり使わなくて、
もう少し、次の段階ではないかと自己分析しています。

今は心のパワーを蓄えて、うつを『治す』準備期間。
これに私を支えてくれる家族、母親などとのベクトルが一致すれば、
必ず治すことが出来ると信じています。

自ら『治す』と力強く思える。
そうできるように。
そうなれるように。

バナー nekoバナー
 ←応援お願いしま〜す
posted by 抑うつ父さん at 17:56| Comment(16) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

趣味

皆さん、どんな趣味をお持ちですか?

私は・・・

・天気予報
  天気図とかレーダーとか見て天気の予報をする

・ガーデニング?
  と言っても、鉢植えの『柿』と観葉植物のパキラとサボテン
  くらいで、ガーデニングではなく、盆栽に近いかも・・・

・DIY
  結構、工具とかもあって、ちょっとしたものなら作れます。
  手先は器用です。

・ネット
  こうやってブログとかを書くのも好きですね。


あとは、子供かなぁ〜

以前は草サッカーチームを作って、練習したり、大会に出たり
そこそこ活動していましたが、体力の衰えと伴に引退。
運動らしい運動は、ほとんどしてませんね〜

子供が趣味って言うのは、やっぱり子供と遊んだり
一緒にいたり世話をしたりってのは楽しいし、癒されます。
特に上の子は女の子なので、可愛くて仕方ないです。

でも、以前学生時代の友人に言われたことがあります。

「子供可愛いだろ〜 だけど子供が趣味になるとダメだよ」
「子供はそのうち離れるし(幼稚園とか小学校とか)、
 親だって子離れしないとね。ちゃんと何か趣味があった方がいいよ」

そう言われた時は、実感あまり無かったんだけど、
最近、確かにそうかなぁって思うようになってきた。
そう言った友人はジョギングとかマラソン大会に出たりとかしている。

継続して出来る趣味・・・

仕事や、更には子供のことすら忘れて、没頭できるような趣味。

以前の日記で落語が好きだった人がうつになって、
休職中に週に2,3回寄席に通って治療をして
良くなったって話をしたと思う。NHKでやってたテレビで言ってた。

私も趣味はいろいろとあるかもしれないけど、
没頭できるほどの物がないかも・・・
しかも継続的に出来ることって・・・

何か無いかなぁ〜


で、最近強く思うのが、例の『猫』だ。
猫を飼うことを趣味には出来ないだろうか?
猫の世話をしたり、遊んだり、眺めたり・・・

そう言う時間は、もしかしたら没頭できるかもしれない。
DIYは没頭できるが、そう毎日毎日、何かを作ったり、
何処かに棚を作ったりは出来ない。


でも、猫なら・・・


昨日、私の母と電話で話したとき、
「猫でも飼いたいな〜って思ってるんだ」
って言ったら、猛反対された。

小さい子供、赤ちゃんがいるからだ。
猫は赤ちゃんにちょっかいを出すらしい。
変な病気とかになったらどうするんだ!って言われたけど、
完全室内飼いなら、変な病気は無いだろう。

あぁ。

猫飼いたいな〜

人気バナー小 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑いつもありがとうございます。
posted by 抑うつ父さん at 18:41| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

副耳

今日、九州から約3週間ぶりに帰ってきた。

出産、初盆の法要等々、大人数での生活等々、様々なストレスを感じつつ
でも、息子の誕生と言う大イベントが無事終了できて
なによりだったのかもしれない。

久々に帰ってきた我が家では、ベランダで育てていた
柿とポンカンの木が枯れてしまっていた・・・
夕立等の雨を期待し、陽も当たるが雨も当たる場所に置いてきたが、
期待したほどの雨はどうやら降らなかったようだ。
しかも、この連日の猛暑。

3年も育って来たのに、非常に残念でならない。


息子は一応五体満足で産まれてくれた。
今のところ大きな障害は無い。
ただ、『副耳』というものが左の耳にある。

これは1000人に15人程度の確率で発生するらしく、
特に大きな問題は無いらしいが、
どうしても、なんとなく『異常』と言うふうに考えてしまう。

1歳以上になったら手術等で切除できるらしいが、
気になってしまう。
娘も弟の副耳をいじる。
痛いのか痒いのかわからないけど、
やっぱり外見上の物には、子供なら興味が湧いてしまうのだろう。

直径5mmくらいのイボのようなものが一つ。
軽度のようだが、いずれ切除をしてやりたいと思っている。
なぜなら、幼稚園や小学校に行った時に
変ないじめの対象に成りかねないと思っているからだ。
本人がどう思うかは、残念ながらまだわからない。
わかるまでは時間がかかる。

『副耳』ができてしまったのは自分のせいではないかと、
被害妄想的にも考えてしまう。
そんなことはないのだろうが・・・

色々とこの3週間であった出来事を踏まえて、
来週の月曜日は通院なので、主治医に話して見ようと思っている。
休職の診断書も8月末までなので
それに関しても相談しなくてはならない。

人気バナー小 ←応援お願いします!
posted by 抑うつ父さん at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

薬の飲み方で

こんなふうにも違うものなのか?

って言うくらい、以前の睡魔が全くない。

何故?

薬以外にも何か影響しているのか?

とりあえずいい傾向なので、このまま続けてみようと思う。


リハビリのつもりで始めた株式取引だが、
持ち株がどんどん値下がり、手放せず
大きな損を抱えてしまい、参ってる。

どうにかしなきゃと思っている。
妻にも一喝された・・・

すまぬ。


人気バナー小ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

薬の効果なのか?


朝はだいたい7時に自然に目が覚める。

体内時計なのか、6時間程度の睡眠の後、起きることが多い。

今日は朝食後デプロメールを飲まなかった。
昨晩3錠飲んでいるから。

比較的調子がよくなった気がする。
ま、一日くらいなら、まだ解らないけどね。

あんまり天気が良くなく、外出する気にもなれなく
1日家にいた。

でも、午前、午後とも睡魔は来なかった。
やはり薬のせいだったのか・・・?

人気バナー小ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

産院に行く

妻が出産する産院に、初めて一緒に行ってきました。

妻は既に、その産院で受診してました。
当初はお義母さんと娘と行く予定でしたが、
娘が昼寝に入ってしまったので、2人で行くことに。

なかなか綺麗な産院で、地元での評判もまあまあ。
3時からの予約だったが、かなり待たされてようやく検診。

私も一緒に診察室へ。

長女の時は、同じく休職中だったので、一緒に産院に行って
エコーを見たりしてましたが、
今回、一緒に産院に行くのは初めて・・・
2人目ってそんなものか・・・
(私は次男でほったらかしだったらしい)

医師の診察で特に問題はなさそう。安心。
約2300gだそうだ。

その後、妻が咳と痰が止まらない旨伝えると、
婦人科の先生に受診してもらい、薬を処方してもらった。

で、その後3Dエコーってのを受けた。

これがなかなかすごくって、顔の表情や手足が立体的に見える
優れもの。
たくましい太ももや、相変わらず大きなチンチンや、
顔も見れた。

実際に現場にいると、やっぱり早く会いたい。
そんな気持ちになった。

少しはこれまでの通院も一緒に行っておくべきだったと
反省した。

人気バナー小ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

経済的不安

2度目の休職で、会社復帰が想像できない私だが、
もう一つ心配事がある。

収入が無いってことだ。

1度目の休職では傷病手当をもらっていたので、
経済的不安はある程度解消された。

しかし、今回の休職では傷病手当は支給されない。
同一の病気で最初の支給から、既に2年以上が経過しているので、
もう手当はでない。

何か手を打たないと。

と言っても、簡単に収入を得ることなんて出来ない。
だって会社にも行けないんだもの。

以前から興味のあった株式の売買で生計を立てるか?
いわゆるデイトレードだ。
リスクもあるし、投資するまとまったお金も必要だ。

アフィリエイトは?
生計をまかなえるほどになるには、相当の努力が必要かも?
と言うか、どの程度のものなのかよくわからない。

妻や母にも相談してみる。

「生活の保障も無いのに、手放しではいそうですかと
 いえるはずがない・・・」
「まずは今の会社に復職することを考えて」

もっともな答えが返ってくる。

ただ、新しい世界も見て見たい気もする。
入社して以来17年。
ひたすら突っ走ってきた。

様々な商品を世の中に送り出し、
その度に、いろいろな経験をし、いろいろな人と出会い、
沢山の人脈も出来た。
それなりの充実感を会社生活では感じて来た。

だから、

はっきり言って会社に未練など無い。
全くと言っていいほど、
自分でもびっくりするほど、
未練など無い。

だからこそ、会社で働く自分が想像できないのかも。

定年と言われる60歳までの20年間をどう生きるか。
新しい世界も見て見たい。
会社員であることに、そんなに意義を感じない。


まあ、私の勤務する会社は大手企業と呼ばれる大企業なので、
勤めていれば、安心感はあるかもしれない。
でも今のご時世、株式会社は何がどうなるかはわからない。


母は
「食らいついてでも、今の会社にいた方がいい」
と言う。

経済的不安は、いろんな意味において
深い悩みの一つである。

人気バナー小←ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

会社で働く自分が想像できない

自分は、どうなりたいのか・・・

まさに、これが全てのような気がした。

会社に戻って、また同じような仕事をするのか?
たいして意味のない帳票や書類を作って、
なんだか解かってるんだか良くわからないような偉そうな
部長クラスのオッサンに頭を下げて、
営業や工場やサービスから文句を言われて、
毎日ストレスを感じながら商品を立ち上げていく。

商品は発売するものの、実際にお客様の声を聞けることは
ほとんど無いので、果たして喜んでもらえているのかどうか、
そういうことすら解からない。
むしろ、聞こえてくるのはクレームばかり。

これではやりきれない。
モチベーションが上がるはずもない。

さて、じゃあ他の部署に異動して勤務を続けるか?

設計をやっていると、ほとんどの部門と直接関係を持つ。
うちの会社はそういう仕組みになっている。
で、他の部署、部門がどんな仕事をしているのか、
よく知っている。

残念ながら、設計以外に異動してもいいかなと思える部署は
一つもない。

自分のやりたい仕事を会社の中でやっている。
そして、その成果が自分にフィードバックされ、
やりがい、充実感を得られる・・・

理想はそうだ。
何らかの充実感を感じることによって、
『社会に貢献している』と言う高い意識が持続できる。

では、果たして世の中にそんな充実したサラリーマンが
どのくらい居るだろうか?
そんなに多く無いと思う。
少なくとも私の周囲の人間には、そんな活き活きとした人は
ほとんどこれまで見た事がない。

世の中のお父さん達は、そんな中でも、家族を支えるために稼ぐ。
そう、私と同じようなストレスを感じながらでも、
家族を支えるために仕事をし、稼ぐ。

私は確かに、そういうお父さん達からしたら
弱いのかもしれない。
でも、そんなお父さん達だって、長いこと同じ様な状況下におかれたら、
うつになる可能性だってあるかもしれない。

社会に貢献する。
自己実現の為に。

そんなことはどうでもいい。
生活をするために身を削って稼いでいるのだ。

私は、もう削る部分があまり残ってない。

会社に戻って、仕事をする自分が全く想像できない。

人気バナー小
posted by 抑うつ父さん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

2度目の休職の重み

上司には最初電話で話していたが、
だんだん声を聞くのが辛くなってきた。

電話がかかってきても、妻に出てもらったりしていた。

メールで何度がやり取りをしたが。
『みんな心配している』
『逃げないで』
などと書かれると、また非常に辛い。

普通の人には逃げているとしか思えないんだなと、
改めて感じると、
やっぱりダメ人間だと、自分を責める。
みんなに心配を掛けて、申し訳ないと自分を責める。

今回の休職は、いろいろな意味で
より深く考えてしまう。
と言うか考えさせられる。

病院に行って先生に話した。
最初は、再発とは言えないと言っていた先生も、
言葉を選びながら『再発』であることを認めて、
「少し休みましょうね」と言ってくれた。

結局、1度復職は出来たものの、
再び業務の負担に対して、自分が耐えられなかった。
義父の死や、赤ちゃんが出来たことなど、
精神的に揺さぶられる出来事もあったことは影響があるかもしれない。

でも、仕事に立ち向かって行くまでの精神力は戻らない。

このまま休職をして、少しまた良くなって
復職したとして、
果たして続けて行けるのだろうか?

また、同じことを繰り返してしまうんじゃないか?

同じことを繰り返して繰り返して、人生を終えるのか?

自分は何の為に『仕事』をしているのか?

・・・いったい自分はどうなりたいのか?

人気バナー小
posted by 抑うつ父さん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

上司に訴える・・・しかし

もう、限界だった。

このままでは、また同じことを繰り返してしまう。
今なら幸いにして、リカバリーできる案があって、
それを説明すれば、上司も少しは理解し
行動してくれるはずだ。

義父のこともあり、これ以上何らかのストレスを受けると
やばいと自分でも感じていた。
常に義父のことは気にかかっていた。


ようやく上司に時間を取ってもらって、
落ち着いて話しをした。
上司も珍しく落ち着いて話しを聞いてくれた。

そして、私の考えているリカバリー案を受け入れてくれ、
私は一つのプロジェクトに専念すると言うことに同意し、
納得してくれた。

珍しく、そして久しぶりに充実した話し合いが出来て、
お互いに少しほっとした。
私も話せたことで、随分楽になった。


上司と話しが終わって、一緒に居室に戻っているとき、
私の携帯が鳴った。
珍しく義弟からだ。なんだろう?

「お父さん、やばいみたいだって」
「○○さん、携帯でないから俺に掛かってきました」

え・・・

すぐに妻に電話する。

「もう今日、明日もつかどうかわからんって言われた」

一瞬、気が動転した。
上司がまだ一緒に居てくれたので、

「すみません。今から九州に行っていいですか!」

すぐに行けと上司も。

再度、妻と連絡。
妻が、

「今から行くから」

3時だ。時間はまだある。
一旦家に帰って身支度をした。
義弟と連絡して、同じ新幹線で行くことに。

しかし、私はもう準備が出来ていた。
いても立っても居られない。

「ごめん、一本先の新幹線に乗れるから先に行く」

義弟に伝え新幹線に乗り込んだ。

普段なら爆睡する新幹線。
しかし、まったく眠気がこない。

義父さん。待ってて。

そればかり考えていた。

新幹線を降りタクシーで病院に。夜11時を過ぎた。

病室には、ベッドに横になって
ほとんど動けなくなっている義父の姿が・・・

「お父さん、帰ってきましたよ。○○です!」

手を握りそう声を掛ける。
少し握った手に力が入り、寝返りを打つような感じで体を動かして
答えてくれた。

良かった。間に合った。
涙が溢れて止まらない。何で泣いてるんだ俺。
もう何がなんだかわからない。
けど、涙が止まらない。

義父はもう声が出ない。

病院には親戚がみんな来てくれていた。
みんなが父に声を掛けて励ましたり、
昔話を語ったり。

妻に話しを聞いた。
今日のお昼過ぎに、最後の注射を打ったそうだ。
それを打つと長くても1日くらいしか持たないらしい。

今まで、本当によく頑張ったね。お父さん。
もう、頑張らなくても大丈夫。
みんな来てくれてるよ。


人気バナー小
posted by 抑うつ父さん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

夏休みは九州と新潟


今回の夏休みは、妻と娘が一足先に九州に帰省し、
会社の休みになって、前半は私も九州に。

後半は3人で新潟に帰省と、かなりハードなスケジュールになった。

娘も1歳と3ヶ月、歩くし体力もついてきたみたい。

義父は少々具合が下降気味だったが、
私たちが帰省している間は、それでも元気な姿を見せようと
少し無理をしていたのかもしれない。

5月の由布院では飲んでいたお酒も
今は飲まなくなっていた。
少々心配ではあるが、こればかりはどうしようもない。

新潟では、娘を始めて海に連れて行った。
私の育った海だ。
少し大きな波をかぶったりして、びびっていた様子。
海が嫌いにならなきゃいいけど・・・

人気バナー小ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

2006年が始まる 再発か・・・

冬休みは九州に帰省した。
義父の割かし元気な顔を見て、少し安心した。

孫を見る義父は、本当に嬉しそうな表情をする。
可能な限り帰省しなきゃって改めて実感した。

この休みの間は、本当にリフレッシュした。
会社のことをすっかり忘れて、本当に休んだぁって感じがした。

そして、休み明けの出勤初日の朝、
どうも具合が良くない。
前の日の晩から、現実に戻されてしまい、

「あれもやらなきゃ」
「これもやってなかった・・・」
「まだ全然進捗してないし・・・」

そう想いながら寝た。
朝起きると、以前のように体がだるい。
寝汗をかいて微熱もある。

やばい。

でも、頭の中がぐるぐる回ってしまって、
自分でコントロールできない。

再発か?

とりあえず休むことにした。

一度休むと、次の日も、また次の日も・・・
悪循環が続く。
やらなきゃいけないことが沢山あるのに、
休めば休むほど、その量が増える。

結局金曜日まで1週間休んだ。
金曜は通院の日だった。

病院に行き主治医に話しをした。
先生は一言。

「とりあえず行って見て、ダメだったら帰ってくればいいんです」
「そんな気持ちでいれば楽になると思います」

と。

はっとした。
そうか、そう言われれば、その考え方は自分には無かった。

うつからの回復期においてはリズム感が
非常に重要で、冬休みを充分に休んだ結果、
今までのリズム感が崩れてしまっただけだと先生は続けた。

「再発した訳じゃありませんから」
「行ってみて、きつかったら帰ってきてください」

また、少し気が楽になった。

人気バナー小ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

生活のリズム感


復職して5ヶ月が経つ。師走である。

リズム感も持続でき、残業も少しづつ増えてきた。

この頃の通院は月1回。


ただ、仕事の進捗が思わしくないのは引き続き改善策もなく、
ひたすら日程の見直しを、と上司に言い続けるしかなかった。

まあ、どうにかなるさ。

そう簡単に思える人であれば、たいしたストレスにはならないかも。
でも、私は、どうやらそうではない。

私のことを周囲の人は『真面目』なんだよって言う。
よく言われる。

決して不真面目ではないと思っているが、
そんなに真面目だろうか?

周りから見ると、そうなんだろうな・・・

以前、このような状態が続いていたら、
夜、床についても、なかなか寝られずに、
気が付くと朝になっていて、すっきりと起きるってことは
無理だったと思う。

今は睡眠薬を飲んでいるので、横になればすんなりと
眠りにつくことが出来る。

こういう時には、薬ってありがたいなぁと思う。
睡眠さえ取れれば、何とかなる。

ストレス解消は娘の笑い顔や寝顔を見ること。
もうつかまり立ちをしている。
成長の早さにもびっくりだ。

人気バナー小ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

復職3週間目

体力的には、通勤と定時勤務をこなせた。

仕事は難易度が低いので、無理せず出来た。

でも、何か変だ。

自分の中で何かを感じる・・・辛い・・・


最初の1、2週間は、とにかく自分が会社に行くことで
精一杯だった。

続けて毎日会社に行くこと。
それだけを考えて過ごしてした。

しかし、3週間目に入り、少し余裕が出来たのか、
周囲の目が気になり始めたのだ。

ここは、以前私が居た職場。
ここに居ることが辛くて、仕事を放棄してしまった場所。

周りを見渡すと、その時のメンバーがみんな居る。

みんな自分のことを、どう思ってるんだろう?

『よくもまあ、戻ってこれたもんだ』

そんな風に思われているのでは?

完全な被害妄想であることに、その時は気がつかなかった。

とにかくその気持ちだけが先行した。

『自分はここには居れない・・・』

そう想い始めた。

人気バナー小ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

復職1日目

とにかく会社に行けた!

何とか1日会社で過ごせた。

上司と一緒に、約1年ぶりに職場に向かうときは、
なんとも言えない緊張感と不安感があった。

ドアを開け、一歩職場に入ると
以前と変わらない職場の風景。そして同僚たち。

みな、私を見て驚いた様子や、よく来たねと声を掛けて
くれる先輩たちも。

昼休みになり、食堂に向かった。
復職前に先輩にメールで確認した通り、
いつもの場所辺りに、いつものメンバーが揃っていた。

もともと口数の少ない先輩たち。
なんとなくアイ・コンタクトで笑顔を見せてくれる。
ほっとした。

今日は机の整理とパソコンの設置、設定等がメインで
仕事らしいことは何もしていない。

5時になり、職場を後にした。
なんとなくだが、充実感と言うか、ここまで来れたんだと、
少しジーんと来た。

思ってたほどキツクないぞ!?

そんな思いは、自宅の最寄の駅に着いた時に
一気に崩れ去った・・・

安心したのか、緊張感から開放されたからか、
とにかく自宅までの道のり。

普段なら10分程度だが、疲れきって歩くのがやっと・・・

マジで?

自分が一番驚いた。
実は、結構きていたんだなと。

しばらくは残業無し。
このリズムで会社に行き続けることが重要。

焦らず、焦らず。

帰宅し、妻が出迎えてくれ、娘に報告した。

「ただいま。会社行ってきたよ〜」


人気バナー小ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

復職への道のり その2


上司からメールが来た。

復職までの日程の件。

6月17日 健康保険組合での精神科医の本人面談
6月23日 健康保険組合での心理士による本人面談
7月 6日 復職判定会議(産業医・職場上司・人事)

つ、つまり復職は7月6日以降ってこと・・・

更に気が抜けた。
と言うか、今のモチベーションが持続するか・・・

ま、大丈夫だろう。

今は調子がいいから。

娘のおかげかもしれない。
毎日毎日癒される。

家に娘が来て依頼、ほとんど毎日お風呂は私の役目。
それが何よりの楽しみ。

人気バナー小ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

新しい命の誕生 従姉妹も産まれる

娘が産まれてから10日目。

実は妻の妹も同じタイミングで妊娠しており、
里帰り出産で、今日女の子が産まれた。
妹の所は2人目で、里帰りで出産するしか選択肢がなかった。

10日違いの従姉妹が出来た訳だ。

目出度い目出度い!

しかも今日は義母の誕生日。

つまり、ばあちゃんと同じ誕生日なのだ。

何ていい子だ。

この従姉妹の成長も楽しみの一つになった。


人気バナー小ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

会社の先輩に会う


実に9ヶ月ぶりだ。

ここ最近、ようやく外出や会社の同僚とも会えるようになって、
(気持ちが少し変わってきたからだと思う)
今日は、会社の先輩達に誘われて夕食を食べに行った。

メンバーは
先輩@:後々上司になる人。尊敬すべき明るく人当たりのいい人
先輩A:マイペースなおじさん。とってもいい人
後輩@:職場の事務をしてくれている女の子。妻の後輩にあたる

そして私達夫妻の計5名。
先輩@、Aは結婚式にも出て頂いた尊敬すべき大先輩である。
一緒に仕事をしたことは殆ど無いが、その人間性には誰しもが惚れる。
そんな人達である。

妻も外食がしたいらしく、ちょうど良かった。

話題は、もっぱら会社の話題。
でも、聞いててそんなに苦にならない。

先輩@は私を自分の職場に来ないかと誘ってくれる。
ありがたい話しだ。
こんな自分でも欲しがってくれる人がいる。
忘れかけていた自信が、少し甦る。

先輩Aも先輩@のところに行った方がいいよ、って。
あの職場に居たら、またおかしくなっちゃうよ、って。

確かにこのころになって考えていたことは、
復職するに当たって、元いた職場に戻るかどうかっていう事だった。

今すぐ結論は出せなくても、いつかは結論付けないと。
でも、そういうことで悩めるだけ、
自分自身では、かなりの進歩である。

楽しい時間を提供してもらって、妻も喜んでいた。
私も随分と気分的に進歩したと実感できた。

人気バナー小ぽちっと応援お願いします。
posted by 抑うつ父さん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。