2006年12月17日

2度目の休職の重み

上司には最初電話で話していたが、
だんだん声を聞くのが辛くなってきた。

電話がかかってきても、妻に出てもらったりしていた。

メールで何度がやり取りをしたが。
『みんな心配している』
『逃げないで』
などと書かれると、また非常に辛い。

普通の人には逃げているとしか思えないんだなと、
改めて感じると、
やっぱりダメ人間だと、自分を責める。
みんなに心配を掛けて、申し訳ないと自分を責める。

今回の休職は、いろいろな意味で
より深く考えてしまう。
と言うか考えさせられる。

病院に行って先生に話した。
最初は、再発とは言えないと言っていた先生も、
言葉を選びながら『再発』であることを認めて、
「少し休みましょうね」と言ってくれた。

結局、1度復職は出来たものの、
再び業務の負担に対して、自分が耐えられなかった。
義父の死や、赤ちゃんが出来たことなど、
精神的に揺さぶられる出来事もあったことは影響があるかもしれない。

でも、仕事に立ち向かって行くまでの精神力は戻らない。

このまま休職をして、少しまた良くなって
復職したとして、
果たして続けて行けるのだろうか?

また、同じことを繰り返してしまうんじゃないか?

同じことを繰り返して繰り返して、人生を終えるのか?

自分は何の為に『仕事』をしているのか?

・・・いったい自分はどうなりたいのか?

人気バナー小


posted by 抑うつ父さん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。