2007年01月27日

ルジオミール


神経系用剤(含む別用途)/四環系抗うつ剤/四環系抗うつ剤

【概説】
  憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。
  うつ病やうつ状態の治療に用います。

【働き】
  気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない
  集中できない、眠れない・・そんなこじれた心の症状を改善し、
  気持ちが前向きになるのを助けます。
  また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にします。
  うつ病のほか、パニック障害、過食症などいろいろな心の不具合に
  応用されます。

【薬理】
  脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンの量を増やし、
  神経の働きをよくします。ノルアドレナリンの増加は「意欲」が
  高まることにつながると考えられています。
  第二世代の四環系抗うつ薬です。作用はやや劣りますが、
  抗コリン作用などによる副作用が軽減されています。
  効果の発現は早いほうです。

【注意する人】
  緑内障のある人は禁止されています。眼圧が上昇し、
  症状が悪化するおそれがあるためです。前立腺肥大症や
  心臓の悪い人も病状を悪化させるおそれがあります。
  また、高齢の人は副作用がでやすいので、
  服用量などに十分注意します。

   適さないケース..緑内障、心筋梗塞の回復初期、
            てんかん、尿閉のある人。
   注意が必要なケース..尿の出にくい人(前立腺肥大症)、
              心臓病、低血圧、腸に閉塞や
              通過障害のある人、ひどい便秘、
              躁うつ病、統合失調症、肝臓や腎臓
              の悪い人、高齢の人など。

【飲み合わせ・食べ合わせ】
  抗うつ薬には、飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。
  他の抗うつ薬や安定剤、抗けいれん薬、あるいは高血圧の薬など、
  服用中の薬があるときは必ず医師に報告してください。
  飲酒は控えめにしましょう。
  めまいや眠気などの副作用がでやすくなります。

【副作用】
  四環系の抗うつ薬は、三環系に比べて副作用が少ないほうです。
  おもなものは、口の渇き、眠気、めまい、立ちくらみ、
  便秘などです。これらは軽ければそれほど心配いりませんが、
  ひどいときは早めに受診してください。
  ほかに、手のふるえ、かすみ目、尿が出にくい、
  動悸などもみられます。

人気バナー小 ←応援お願いします!


posted by 抑うつ父さん at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。