2008年03月10日

結局うつの事は本人しかわからない。

昨日から今日にかけて妻といろいろ話をしました。

結論から言うと
『うつの事は本人以外は誰も理解できない』
と言うこと。

妻は時々、私がうつだと言うことを忘れてしまう時があると。
まあ、毎日どよーんとしている訳でも無いし
会話もきちんと出来るし、笑ったりもするし、
一見すれば、いたって普通に見えるかもしれません。

なので、あまり気にせずいろいろと言ってしまう時がある、と。
それはそれで無理の無いことだと思います。

私のブログを見てキツイんだなぁって思って
じゃあ自分で遊びに連れて行ってあげれるところに行けばいいんだ、と思い
動物園ではなく電車で行ける水族館に行くことを決めたと。

私は私で、もんもんとしているところに、
「水族館に連れていくから・・・」と唐突に言われ、
自分の存在価値はいったい・・・と自己嫌悪に陥り・・・
と言う感じです。


やっぱり違う人間なので、相手のことを全て理解することは不可能。
ましてや、この厄介で複雑なうつと言う病気に関して、
本人以外が理解しようと思っても到底無理な話しな訳で・・・

妻には本当に良くしてもらっています。
「まだまだ私はダメなんだなぁ〜」って言いますが、そんなことありません。
私にしてみたら感謝以外の言葉しかないくらいです。
こんなオヤジを見捨てずに居てくれてるんですから。


それで、また以前話してた療養環境についても
少し話をして見ました。
結論は次回受診時に主治医に相談してみてから決めようと思ってますが、
やはり今の自宅での環境は、私には少々キツいです。
なので、
妻が何日か子供を連れて実家に帰るか、
私が実家に少し帰って見るか、と言う事を考えてます。

先日、妻が妹の所に泊まりに行った2日間くらいってのは、
ほんと申し訳ない言い方ですが、平穏でした。
気楽で好きなことに没頭できました。

まあ、数日、例えば1週間とか10日間とか過ごせたとしても
また一緒になってしまえば同じことになるかもしれませんが、
もしかすると、その数日で私の心のパワーが階段を1段くらい
上がってくれるかもしれません。
実際にやってみないと判りませんが。

妻が実家に帰って戻ってきたら、今度は私が実家に帰ったりしてみたり、
そんな案を二人で考えてみたので主治医に相談して決めたいと思ってます。

自宅で『篭もり部屋』ってのも案としてはありますが、
結局実施してないし、娘は私が居ると
たまに、嬉しいことに「遊ぼうぉ〜よ〜」とか言ってくれます。
今の家庭環境に慣れれば『篭もり部屋』でも
充分に機能をするかもしれませんが、
今現在では少々厳しいかも、と思ってます。

まあ、要は『慣れ』ですね。
で、それは時間がかかるかもしれないけど、
時間が解決してくれます。
いろいろと行動や環境で試行錯誤はするにしても、
結局は時間が何か方向性を見い出してくれると思います。

そんな感じで、少し気持ちが落ち着いたと言うか、
スッキリ感を感じることが出来てます。
ただ、家に居るのでまだ少しキツく感じる時もありますけど。

気持ちがはっきりしなくて、強い意思を持てない状況が
随分長いこと続いてます。自信も少なからず無くしました。
重大な決断とかも、とにかく先送り先送り。
判断力や意思が以前に比べたら相当落ちています。

時の流れに身を任せ〜♪

こういう時に使う言葉なのでしょうか、ね。

バナー nekoバナー
 ←応援お願いしま〜す


posted by 抑うつ父さん at 15:22| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 抑うつ父さん、こんにちは。

 奥様のいなかった二日間が気楽に好きな事に没頭できたのは、
罪悪感から解放されてたからでしょうか?
 自分はうつ休職しているのに好きな事をできてしまったり
逆にダラダラしてしまっている自分を見られてしまうのが申し訳ない…
 自分一人なら誰に何を言われる事もなくそういった事ができますよね。

 でも、ずっと一人だとさみしくなってくるのも事実で…
 それはきっと奥様も同様なんでしょうね。自分ががんばらなくちゃ!って。
 私も妻がいて働いてくれているので申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
 私はうつになった最初の頃はお互いにどうしたらいいか分からなかったので辛い時期が続きましたが、時間がたつにつれ「慣れ」てきてお互いの距離を上手くとれるようになりました。

 時の流れに身を任せ〜♪ましょう(^^)
Posted by ぶぶぅ at 2008年03月10日 17:46
こんばんは。
時の流れに身をまかせ〜
そうですね〜。多くは時間が解決してくれること思います。
今はいろいろ考えても辛くなってしまうと思いますけど、主治医と相談されることが一番なのかもしれないですね。
抑うつ父さんさんはダメ親父じゃありませんよ。
ブログを読ませていただいて、いろいろ参考にさせていただいてます。
明日は必ず来ます。少しは気持ちがすっきりするといいですね。
Posted by Kei at 2008年03月10日 20:28
おはようございます!家の主人も私がうつ病て事忘れている時ありますよ。
主人に言われた言葉で涙でてきてしまいますもの。(喧嘩もする事あります。)
私も喧嘩口調になるからわるいのですが・・・(苦笑)

奥様、主治医とよく相談してみて下さいね。
抑うつ父さん、奥様への感謝の気持ちいつももっていて下さいね。
私も主人に感謝の気持ちもつようしています。

時に身を任せてくださいね〜
Posted by チェリ− at 2008年03月11日 06:39
>>ぶぶぅさん
おはようございます。
ほんと妻には感謝の気持ちでいっぱいです。
いろいろと最初はお互いに判らないことだらけでした。私はただただ自分を責めっ放しだったし・・・
でも自分も妻もうつに対しての理解がだんだん出来てきて・・・
これからも、病気が良くなる方向でいろいろ模索すると思いますが、一人になるのも寂しい気持ちはありますね。矛盾してますけど。
ゆっくり、身を任せてみます。
ありがとうございます。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年03月11日 09:53
>>Keiさん
おはようございます。
少しずつですが、気持ちは安定してきています。
何とか前向きな前傾姿勢で居れそうな感じがします。
妻と相談して、幾つか案を作って主治医と相談して方向を決めたいと思ってます。
いつも、ほんとにありがとうございます。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年03月11日 09:57
>>チェリーさん
おはようございます。
相手(ご主人様)からして見たら、やはりそうなのかもしれませんね。
妻も同じなんでしょうねきっと。
感謝の気持ちは忘れずに、と言うかいつもそう思って過ごしてます。
今日も、今さっき子供を連れて幼児教室に出掛けて行きました。
私はプールに行くまでの時間を一人で静かに過ごせてます。
ありがたいです、ほんと。
感謝の気持ちを、元気になってお返ししないとなぁって思ってます。
まあ、そんなに意気込んではダメだと思いますが。
そういう気持ちを持って、時間と共に歩みたいです。
ありがとうございます。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年03月11日 10:03
抑うつ父さん こんにちは。

「うつのことは、本当に、なった本人じゃないとわからない」

これは、本当に私が実感していることです。その通りです。
どんなベテランの精神科医でも、看護士さんでも、自分がうつ病になった人じゃなきゃ、患者の気持ちはわからない。
まして素人の家族だったら、解らなくて当たり前。
そう思わないとやってられません。

でも、いい奥様ですね。
一生懸命、抑うつ父さんを理解しようと努力なさって。
でもやっぱり、お互い違う人間だから、相手のためによかれと思ってやったことが「あだ」となる・・・そういうことってありますよね。

うつの時は、ほんとに、家族や周りの人には申し訳ないけど、「一人で静かに過ごしたい」、私もそれが本音です。
夫にも子どもにも申し訳ないけど、平日、夫が会社で、子どもが保育園に行ってくれると、肩の荷が降りたように本当にホッとします。
Posted by どどちゃん at 2008年03月14日 09:18
長々とすみません、続きです。

私の好きな本で、精神科の医師をしていた方がうつ病を実際に発症してしまい、自殺まで考えて、でも恋人の力、同僚の理解に支えられて、また現役精神科医として復帰するまでの記録
「精神科医がうつ病になった」泉基樹/著
という本があります。

病気になって沢山うつに関する本を読みましたが、私は一番この本が好きです。
よろしかったら是非、読んでみて下さい。
Posted by どどちゃん at 2008年03月14日 09:18
>>どどちゃんさん
コメレス遅くなって申し訳ありません。
ほんと正直なところ「一人で静かに過ごしたい」ですね。
「精神科医がうつ病になった」って知りませんでした。
私もうつになってから、いろいろな本を読みました。とにかくうつってのがどういう病気なのかってのを自分が判らないと、と思ったからです。
妻はほんと良くしてくれてると思ってます。
感謝の気持ちでいっぱいです。ただ、やはり全てを理解するのは無理なので時々は、参ったなぁってことも言われますけど。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年03月15日 17:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。