2008年03月27日

高齢者の免許返納制度

先日、母と電話で話していると、思い出したように母が、

「そうそう、話したっけかなぁ?
 あのさぁ、車めちゃめちゃにしちゃったて〜」
「私もバカだったて〜 よくニュースとかでアクセルとブレーキ
 間違えて駐車場から転落する爺さんとかいるけどさ、
 まさか私がそうなるとはさぁ 参ったて〜」

実家の車庫は、いつも車をバックで車庫入れします。
その日、母はシフトレバーがR(リバース)に入ったまま下車し、
フットブレーキを踏むのを忘れたんでしょう。

下車し、車庫の引き戸を空けようとすると、車がじわーっとバックしてきて
慌てて車に飛び込み、ブレーキ!って思ったら
踏んだのがアクセルだった・・・って訳です。

そのまま引き戸を突き破りアクセル全開で車庫に飛び込む車・・・
夜10時くらいの出来事で、近所の人が心配して出てきたみたいです。
車は車庫の後ろの柱や基礎にぶつかってようやく停車。

とりあえず母には何ら怪我など無く安心しましたが、
高齢者に該当する母(今年で71歳)も、さすがに凹んだらしく、

「私も免許返さないとだめかなぁ〜」 と。

車庫の引き戸などの修理で何万も掛かって、
車に至ってはボディのほぼ全面がボコボコ状態。
修理代は約70万円とのこと・・・保険で直すって言ってましたが、
その分保険代が12,000円くらい上がるとか・・・

とにかく母が無事で、終わってしまえば笑い話のようなものですが、
決して他人事では無いんですよね。
私たちだって歳を取れば、同じ様な状況に遭遇するかも知れない訳です。

つまり、今起こっていることは将来私たちにも大きく関わる出来事な訳です。
母たちは、それを身を持って提示してくれているのかも知れません。

私が思うことその一は、
高齢者の免許返納制度はいいけど、実際、田舎では車が無いと生活もままならない
そんな現状をもう少しよく把握して欲しいと言うことです。
ジャスコに行くにも、スーパー銭湯に行くにも、車が必要なんです。

車が無いとはっきり言って陸の孤島になってしまいます。
交通インフラは?
バスが出てます。2時間に1本くらい・・・

都会なら余り問題にならない交通手段も田舎に行けば死活問題な訳で。
一極集中している日本ならではの発想しか出来ないところに
問題点と情けなさを感じる訳で・・・

タクシー料金が1割引になるとか、JRのオレンジカード(まだそんなのあるの?)
がもらえるとか、2時間に1本しかないバス料金が安くなるとか・・・
地方によってサービスの内容が違うようですが、
その程度では免許を返納する訳にはいかないのが実態だと思います。


もう一つは、
高齢者でも乗れる、安全安心な自動車の開発が急務だということです。
まがりなりにも、少々自動車メーカー関連の仕事に携わってきた人間として、
もっともっと声を大にして言いたいです。

オートクルーズや車間距離をミリ波レーダーで追突防止に。
赤外線カメラを使った居眠り防止機能など、技術面ではまあまあ進歩はあります。
が、高齢者の安全運転アシストにもう少し開発パワーを掛けて欲しいと思います。

私だって、まあ何とか生きられれば、高齢者になり運転もしたくなるでしょう。
でも、事故を起こしたりしては元も子もありません。
被害者にも加害者にもなりたくないですしね。

先人達のお陰で問題点が明確になっているにも関わらず、
それが自分達にも降りかかってくることだと言う認識に至らない・・・
自分達だけが良ければそれでいい。

そんな人ばっかりでは無いことを願って止みません。

バナー nekoバナー
 ←応援お願いしま〜す


posted by 抑うつ父さん at 17:42| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本では若い人の車離れが進んでいて、当然購入者の平均年齢は高くなりますよね。ただ世界全体では、車の需要はBRICSを始め高く、自動車メーカーは低燃費(環境にやさしい)で廉価な小型車の開発に重点を置いていて、抑うつ父さんがおっしゃっている方向には動いてないですね。でも「年寄り笑うな自分が行く道」(永六助さんの言葉、反対に「若者笑うな自分が来た道」とあります)で、今から開発しておかないと、交通事故の悲劇が増幅されることになりますよね。極端な対策なんですが、オートマ免許を廃止してマニュアル車を普及するってのはどうでしょうか。私の母は70歳なんですが、免許を取ってからずっとマニュアルに乗っています。本人いわくオートマはメカニズムがどうなっているか分からず不安なそうです。
Posted by Kazu at 2008年03月27日 18:24
こんばんは。
クルマは地方では生活必需品ですからね。
免許を返せっていわれても、なかなか難しいですよね。
バスだけじゃ暮らせないのは、ほんとそうだと思います。
東京や大阪なら車がなくても生活できますが、
ほとんどの地方では生活がほんと大変になりますよね。
そういう意味でも、安全なクルマ、技術的にももっと進歩してほしいです。
Posted by かふか at 2008年03月27日 18:33
お母さまになにもなくて良かったですよ
(^-^;

車がないと田舎では死活問題ですよ〜
Posted by ゆうくん at 2008年03月27日 21:21
お母様、大事に至らなくてよかったです。
車社会は、環境、そして安全に配慮されたものへと変わっていくでしょうね。究極的には、人間が運転しなくても車が勝手に動くというところまでいけそうな気がしてます。でも、車にはストレス解消などの要素もあるし、どうなっていくかは、興味深いです。10数年後くらいでしょうか。
Posted by cobooo at 2008年03月28日 00:35
こんばんは。確かに地方では車は必需品です。バスと言っても昼間は1時間に1本だったり…。
とは言え、私の父も72歳ですが最近、運転が少々怖いです。自分ではずっと無違反、無事故という自信を持っていますが、体は確実に衰え、瞬発力も判断力も鈍ってきてるように思います。なので、長距離運転となると心配でなりません。
何とかならないものですかねぇ…。
Posted by ナナ at 2008年03月28日 01:53
追伸

お母様、本当にご無事で何よりでした!そういう話しを聞くと尚更心配になりますよね…。
Posted by ナナ at 2008年03月28日 01:58
まったく仰るとおりです。
すべてがユニバーサルデザインで設計されるべきだと私は思ってます。

これはモノだけじゃなくて人の心が先ずそうならないと駄目であって、形あるモノだけ作っても意味があまり無いと思ってます。

私たちのような状態に対する社会の態度でも、それらは難しいことを物語っていますが、そうでなくなることを願ってやみません。
Posted by TOMOWL at 2008年03月28日 12:25
>>Kazuさん
「年寄り笑うな自分が行く道」かぁ、なるほどです。
確かに環境に優しい車も必須ですね。BRICSは脅威ですから・・・いろんな意味で。
ご提案のあったマニュアルの件、昨日早速母に話して見ました。母はずーっとマニュアル派だったので運転は全く問題ないんですが、既にオートマの便利さにはまってしまってるようで、マニュアルなんかダメだと・・・
どうも、フットブレーキが慣れないようで(1年以上乗ってるはずなんですが)手で引くサイドブレーキじゃないとダメみたいです。今、台車がサイドブレーキらしく、とても気に入ってるようす。じゃ、サイドブレーキの車に変えたらって感じです。頑固で・・・いい案ありがとうございました。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年03月28日 13:07
>>かふかさん
本当に地方では車無しでは生活できませんよね。
『食』の安全には結構意識高いですが、車自体の安全って、意外に興味を持たれませんよね。車は走る凶器なのに・・・
とにかく運転する方は、安全運転するしかないですね。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年03月28日 13:10
>>ゆうくんさん
ほんと無事でよかったです。ありがとうございます。
車無いと、ダメですよね〜
生活できましぇ〜ん、ですよね。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年03月28日 13:12
>>coboooさん
確かに車の運転が趣味だったり、ストレス解消の一つだったりする人いますよね。余りスピード狂では困りますけど。
そういった意味では、確かに興味深いですね。
ちなみに母はスピード狂です・・・(苦笑)
私が助手席に乗ると、ビビリます。
免停とか、家裁とか行ってます(苦笑)
母の心配は病気より交通事故です・・・
Posted by 抑うつ父さん at 2008年03月28日 13:16
>>ナナさん
ほんと怪我もなく無事で何よりでした。ありがとうございます。
先日、この免許返納のニュースで101歳の爺さんが車を運転してました。
なにか、ベンツしか乗らないんだとか・・・
101歳ですよ!長寿なのはいいですが・・・でも、それがcoboooさんの言う趣味や長寿の秘訣なのかもしれませんが・・・
生きていることに、まずびっくりです・・・すごい。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年03月28日 13:20
>>TOMOWLさん
そうですね。UDかぁ。
確かに形ある物のUDしか意識されてない部分ってありますよね。
サービスをはじめとする形無いものもUDが進んで欲しいですね。
そういうことに私たちが(私たち世代)何か出来れば・・・とも思います。
すぐにとは言いませんが、日本も世界もそういう方向に進んで行かないと将来にまたツケを回してしまうことになってしまいますから・・・
と、大きい事を言っても、一個人ではなかなか出来ませんが、出来る事があれば、コツコツと実践して行きたいです。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年03月28日 13:28
お母様ご無事で何よりでした。

私は、免許をとって初めて車に乗ったときに、

アクセルとブレーキを踏み間違え、、

(私の場合はアクセルと思ったらブレーキで車が動かない〜なんていってたのですが。。。)

友人が、ブレーキと間違えてアクセルを踏んだ車にひかれてしまいなくなってしまい、

怖くて車を運転していません。

でも地方は、車がないと暮らせませんものね。

制度と商品開発、急務ですね。
Posted by J at 2008年03月28日 14:22
>>Jさん
近しい方で、お亡くなりになられた方がいらっしゃるんですね。
何と言って良いやら。
人間なので単純なミスはあると思います。これは人間である限りどうしようもありません。
でも、そのミスを防ぐことが技術により可能になると思うんです。
安全安心を求めたいです。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年03月28日 14:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。