2008年04月05日

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品に関しての私見です。

まず私が現在処方されている薬に関してジェネリック医薬品が2種あります。

先発 ロヒプノール錠1  単位薬剤料 16.6円 中外
後発 ビビットエース錠1 単位薬剤料  6.1円 辰巳
 
先発 ハルシオン錠0.25mg 17.0円 ファイザー
後発 パルレオン錠0.25mg  6.1円 大洋

1年間先発を1錠服用 (16.6+17.0)*365=12,264円
1年間後発を1錠服用 (6.1+6.1)*365=4,453円
差額 7,811円

まあ、この2種類だけで約3分の1程度の金額になりますね。
これは経済的にはとても魅力的であることは言うまでもありません。
正直、計算してみて、また変えようかなぁって思ったくらいです(苦笑)

以前ロヒプノールをビビットエースに変更したことがあります。
2ヶ月くらい服用を続けていましたが、眠りの感じに若干の違いを感じ
ロヒプノールに戻したことがあります。

睡眠薬なのにビビットエースって言う名前もどうかと思いますが(苦笑)
まあネーミングはともかく、私はジェネリックに違和感を感じました。

ではジェネリックって、どういう物なの?
私が薬を購入している日本調剤のパンフレットから
(昨日渡されました)

■新薬と同じ有効成分、同じ効き目です。
 ジェネリック医薬品とは新薬と有効成分、含量、用法、用量が同じ医薬品の総称。
 有効成分の規格、試験方法が全て新薬と同等に設定されているため、
 効能、効果は新薬と同等です。

まず、こう書いてあります。


では、こんなページを見つけました。ちょうどハルシオンの比較がありました。
http://d.hatena.ne.jp/tomoworkaholic/20070425/1180081654
(怪しいページではないのでクリックしても大丈夫です)

”同成分は同薬効である”といえども、後発品と先発品には
違いがあるものもあります。 と言う事のようですね。

簡単に言ってしまえば、主成分には同じ材料を使っているが、
添加物は異なり、結果効き目には差異が発生する場合がある。

簡単な試験(新薬に比較したら)に合格して申請が通れば
医薬品として認められ安価で提供できる。

私は業界は違うものの製造業に属しています。
同じ部品、材料を使用しても、製造ラインが異なると
作られた製品には何らかの微妙な差が出たりします。

同じ会社の工場内でも、製造ラインの場所を移動しただけでも、
製品の出来、不出来に差がでます。

ましてや同じ材料を使っていなくて、別の会社が営利目的や調達の問題で
添加物を変えて作った薬が、同じに出来るはずが無い。
これが私の結論です。

前述の日本調剤のパンフレットには、欧米でジェネリックが積極的に使用されて
いるのは制度が整っているからと記載されてます。
言い換えれば日本は制度が整って無いと言っていることになりますね。

舛添にでも言ってあげてください。

日本では医師と薬剤師は仲が悪いです。これホント。
で、当然ですが威張っているのは医師の方。
これに対して医師は薬のことを知らな過ぎると反発しているのが薬剤師。

確かに医師の薬への理解不足は現実としてあるようですが、
欧米では薬剤師の権限も同等程度に与えられているようですね。
医師が処方箋に新薬を記載した場合でも薬剤師の判断でジェネリックを
調剤できるようになっているみたいですから。

現状の日本では考えられませんね、こういうシーンは。
医者が言うことが、とりあえず絶対ですよね?
そこが対立の原因です。


あと、抗うつ薬のような新薬が多い分野ではジェネリックの割合は
少ないのかと思います。
前述の2種類はいずれも睡眠導入剤です。

抗うつ薬でジェネリックがあるんですが、と言われたことはありません。
皆さんはどうですか?

本題とはそれますが、ジェネリック云々言ってる前に
医療費なんかタダにしろ!と言いたいですね。
なんの為に税金・保険料払ってるんだか、と問いたいです。

高齢者にも結局また負担を掛けるような法案ばっかりつくって、
老後がどんどん不安になります。
平均寿命はいずれ縮むでしょうね、今のままでは。ま極論ですが。

さて、どうするジェネリック医薬品。
安いのは魅力的。
でも・・・

バナー nekoバナー
 ←応援お願いしま〜す


posted by 抑うつ父さん at 13:36| Comment(16) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
添加物が違うなら、ジェネリックは同じものとは言えないですね。
そして僕も製造業で働いているので、製造ラインの話はほんと共感できます。
同じように作ったつもりでも、やっぱり少し違ったりするんですよね。
だから、会社が変わるとやっぱり違うものな気がします。
しかも制度が整ってないならなおさらです。
僕も国の進む方向に不安を覚えます・・・
Posted by かふか at 2008年04月05日 13:58
こんにちは。
ボクもジェネリックでお願いしたのですが、ほとんど安くならないって言われて、じゃあ、そのままでってことにしたのですが、ロヒプノールの後発ってそんなに安いんですね。
でも、ロヒプノールでの睡眠に満足しているので、なんか違和感を感じられたというのを聞いて、やっぱりロヒプノールでいいやって感じました。
年間で計算すると結構な額になりますね。ひぁ〜
Posted by Kei at 2008年04月05日 16:03
>>かふかさん
こんにちは。
私は別物だと思います。が、結局自分に合うかどうかが決め手になると思うので、安価でジェネリックでも自分に合っていれば、そんなに気にしなくても、と言う気もします。
とにかく医療費なんかタダにして〜 ってのが私の結論かもしれません(笑)
Posted by 抑うつ父さん at 2008年04月05日 16:31
>>Keiさん
こんにちは。
反動ではないですが、何となく今日はダラダラと過ごしてます・・・
ロヒのジェネリックはビビットともう一つくらい、2種類あったと思いますよ。ロヒは1回2mgまでなのでロヒプノール2を飲んでいる人もいると思いますが、そう考えると安く済みますよね〜 おくすり110番で薬の説明ページの上の方に薬剤単価?とか表示があるので、そこを見るとジェネリックがあるかどうかわかります。
ビビットエースはネーミングが良くないですよね。寝れねーっつうのビビットきたら(笑)
Posted by 抑うつ父さん at 2008年04月05日 16:37
勉強になりました。
おしいのですね、お薬や医療の事。

「医師と薬剤師は仲が悪いです」ってのはビックリでした。
薬剤師はコキ使われているのでしょうか…

ジェネリックは…考えさせられる記事でした。
Posted by ぶぶぅ at 2008年04月05日 19:18
>>ぶぶぅさん
こんばんは。
ほんと医者と薬剤師は仲が悪いみたいですよ。なんかテレビでもやってました。同時に処方したらいけない薬を平然と処方箋に書く医者。それを見てビックリする薬剤師。特に妊婦とかに処方する場合は気をつけないといけない場合があったりするのに。
薬剤師が医師に電話をして問い合わせると、自分(医者)が出した処方箋に何か文句あるのか?って感じだったとか・・・
番組では医師の薬に対する勉強不足も指摘していましたが。

大学でも医学部と薬学部では若干医学部の方が偏差値高いですよね。
まあ、医者の方が頭がいいのかどうか判りませんが、そういう関係もあってか医師会の方がハバをきかせているようです。
こき使われている訳ではなさそうです(苦笑)
Posted by 抑うつ父さん at 2008年04月05日 19:36
非常に偏狭な思いかもしれませいんが、今先発薬を使っていてそれなりに効果があるんだろうなーと思って・信じているので、経済的効果があるのは分かっていますがgenericに変えようとは思っていません。特に私たちが服用している薬が特殊だから。でも薬手帳を見るとぞっとしますよね。毎日これだけの薬を飲んでいること。私は薬を作っている会社が嫌いです。でも現実的には、その会社が作っている薬を飲まざるを得ないんですよね。矛盾です。
Posted by Kazu at 2008年04月06日 10:20
医薬品製造会社に勤務している私にとっては頭の痛い話ですね

(^-^;
Posted by ゆうくん at 2008年04月06日 10:57
詳しく調べていただいて、ありがとうございます。自分も、別モノだと思いました。全く別モノっす。テストも厳しさが違うようですし。先発品は、治験期間が7,8年かかるっていうのをみたことがあります。先発と後発の効き方の違い(体への影響)の情報が手に入るようになってはじめて、選択肢にのってきそうですね。
Posted by cobooo at 2008年04月06日 11:24
>>Kazuさん
確かにお薬手帳見ると、ほんといっぱい飲んでますよね〜
私はまだそれでも少ないほうかもしれません。
調べると抗うつ薬でも、私が処方されてないもので結構ジェネリックあるんですね。知りませんでした。まあ薬はあくまでも補助的役割だと思って、自分の体の治癒力の手助けをしてくれていると思ってます、私は。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年04月06日 16:54
>>ゆうくんさん

おっと、業界の方でしたか・・・

その辺の事情はどうなんでしょう・・・って嘘です。
そんなの書けませんよね。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年04月06日 16:56
>>coboooさん
試験自体が圧倒的に簡易的だし、安くて当然といえば当然ですよね。
別物ですよ。
ただ、それが自分に合っているかどうか、ってとこかと。
欧米諸国で使用される割合が多いのは、理由がわかりませんが、何でもかんでも欧米が進んでいるから、って時代でもないと思いますし。
まあ、安いことに越したことは無いんですけど・・・
Posted by 抑うつ父さん at 2008年04月06日 17:12
私の”後発医薬品(ジェネリック)”の記事を載せていただき有難うございました。
日本調剤でロヒプノールとそのジェネリック(ビビッドエース)を服用なさっていたのですね。やはり、効果は違いましたか。
(ちなみに、ビビッドエースは日本調剤の子会社日本ジェネリックが辰巳製薬に製造を委託し販売しているジェネリックです。)
アメリカなどでジェネリックの使用率が60%もあるのは、制度が進んでいるからだけではありません。
最大の理由は、医療費が疾患別に決められた金額しか払われないからです。そこには検査代・治療費・薬代込みでいくらという定額制になっています。
価格が決まっていて利益を出す為には、コストカットしかありません。価格の高い先発品より安いジェネリックが使われるのは当然の結果です。
こういったことを丹念に説明するのも薬剤師の仕事だと想っていますので、これからもいろいろとご意見を伺わせてください。
Posted by tomoworkaholic at 2008年04月10日 00:26
>>tomoworkaholicさん
すみません。勝手にブログ引用させてもらいました。
本当はトラックバックさせてもらおうかと思ったのですが、初めてでいきなりだったので少し躊躇しました。
無断引用、申し訳ありませんでした。
ジェネリックの件、なるほど詳しく教えて頂いて、ありがとうございます。ココでブログを見てくれている人には少なくとも情報提供できると思ってます。またちゃんとブログに書きますね。
よろしければ、薬に関してまた判らないことがありましたら、教えてください。
勝手ばかり申しまして、すみません。
よろしくお願い致します。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年04月10日 12:29
私のblogでよければ、どんどん使ってください。
全く気にしていませんし、少しでも医療の事を薬剤師が語る事に意義があると思っていますので、利用して頂く事が有り難いと思っています。
また、薬の事でご質問があれば、気軽にお声掛けください。
よろしくお願いします。
Posted by tomoworkaholic at 2008年04月10日 15:13
>>tomoworkaholicさん

ありがとうございます。
早速、またブログ書かせてもらっちゃいました。
また何かありましたら教えてください。
よろしくお願い致します。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年04月10日 15:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ジェネリック医薬品 - うつは必ず克服できる! 抑うつ父さんの日記
Excerpt: 素人の感想文です。 あなたの主治医の言うことが一番正しいです。 先発 ロヒプノール錠1 単位薬剤料 16.6円 中外 後発 ビビットエース錠1 単位薬剤料 6.1円 辰巳 先発 ハルシオン..
Weblog: うつ病110番
Tracked: 2008-04-25 19:02

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。