2008年05月05日

母の言葉

さて、今日はこどもの日、ですよね・・・(苦笑)
明日は振替休日。
一応確認、確認(笑)

実家での生活も明日まで。
7日に新幹線で帰ることにしました。
兄貴夫婦は先ほど渋滞の関越自動車道に向かい出発しました。

しかも、沢山忘れ物をして母が何度も携帯に電話するもなかなか出ず、
ようやくつながって、忘れ物を取りに戻って来ました。
同行しなくて正解でした・・・(苦笑)



さて、帰省してその日のこと。
母が言いました。

母「休職はいつまで出来るとかあるのか?リミットは?」
私「3年間」
母「それが過ぎたら?」
私「解雇だね。」

・・・・続けて母が、

「仕事なんか何でもいいから、なんかしなせ〜や」
「頭使わないで、体を使う仕事でも、いいねかぁ」
「パソコンなんかで仕事ってのは、良くないと思うよ」(ん、矛盾してねぇ?)
「子供が大きくなって、お父さんの仕事は?って聞かれたら・・・」

仕事は何でもいいからといいつつ、限定的に仕事とは認めないものがあり、
子供がお父さんの仕事何って聞かれたら、どうする?って。
何でもいいなら、何でもいいんじゃ?

今日も、さっき言われましたよ。

「会社行っても、適当に寝てればいいんだ」
「真面目になんかやる必要ない」

ま、一理あるかもしれないけど、寝ては居られないでしょ。

帰って来たその日に、
お父さんの仕事は何って聞かれたら、どうするって言われた時点で、
キレそうになってるもう一人の自分が、左肩の背後あたりに居ました(笑)

思いっきり、踏み込まれてしまいました。
土足と言うか、スパイクを履いてって感じで・・・
さて、この何日間、どうして過ごすかなぁって、正直参りました。

でも、そんな気持ちを落ち着かせてくれたのは、大好きな海。
嫌な気持ちは海を眺めているだけで、気持ちの中が柔らかな水色になる感じ。

母が心配をしていることは十二分に理解しているつもりです。
まあ、どうしても言いたかったのかもしれませんね。
母にしてみれば私は子供。40歳過ぎのオヤジでも息子な訳で・・・

私自身がこれまで恵まれた環境に居たのかもしれませんね。
そう言った意味では妻に感謝です。
妻も同じような思いをしているかもしれませんが、口には出しませんので。


「○○ちゃん、お父さんはどんなお仕事してるの?」

娘や息子がその質問に答えられる年齢になったとき、
私がどうしているかは、今現在はハッキリ言って判りません。
かなりプレッシャーです。実際・・・ きつい。

でも、その時はその時。
今はそう考えて、棚上げしておきたい。

正直な気持ちです。

バナー nekoバナー
 ←応援お願いしま〜す


詩集の出版化(紙媒体)を目指してます!
COLORFUL ―イロトリドリ― 宮下幸子作
こちらも応援お願いします♪


posted by 抑うつ父さん at 20:36| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは^^
今日は母の立場から言わせてくださいね。
離れて暮らしているからこそ
息子が帰省した時にしか言えないと思って言われたんだと思うんです。
うちは一緒に暮らしてて毎日息子の状態を見ているから
「仕事は〜」とか言いたくても言えないんですね。
親はいくつになっても我が子の心配をするのが仕事!
そう思っておきましょ♪
そして抑うつ父さんは今のお住まいでの生活を大事にされていたら…
それが奥様のためであり、お子さんのためでもあるんですよね^^
どうか今を大事になさってくださいね^^
Posted by えま at 2008年05月05日 20:59
私の母も経度の鬱病ですが、私のことばかり心配しています。気持はありがたいのですが面と向かって言われるることが重くって会っていません。いつか普通に会える日が来ることを信じています。その間母は老いていくことは分かっていますが今は無理です。今は自己中心で生きて行きます。
Posted by Kazu at 2008年05月05日 21:16
えまさんが言われる通りかな。

親にしか言えないこともあるしね
(^-^;

タイムリミットは考えたくはないけどなかなかこればかりは重いよね<emoji:asease><emoji:asease>
Posted by ゆうくん at 2008年05月05日 22:00
お母様のおことばとはいえ、心にズシンとくるものがありますね。自分も目下自宅療養中ですのでよくわかります。鬱についても中々理解されずつい最近まで苦しんでいました。こればかりは、なった本人でないと分からないものと最近では考えるようにしています。いたしかたないことですが、、。なかなか心の整理がつかないのが、残念です。
Posted by バン at 2008年05月05日 22:03
はじめまして。
抑うつ父さんのブログ読ませていただいて、年齢も抑うつ父さんと近いのもあり、自分も似たような状況で共感できるところがありました。

自分は一度うつになり、退職。
病院通いで、治ったと思っていました。
で、転職することができたのですが、近々その会社も辞めます。

母親には「遊んで暮らす気でいるのか?」など、言われております。
自分もそうはなりたくないと思っていますが、正直今そういうことで
言い合う気力がないという具合です。

大変失礼かもしれませんが、こちらのブログを読ませていただいて自分にも
なにかヒントというか立ち直る方法が見つかるかも?という気持ちになりました。

まとまりのない変な文面になってすいません^^;

これからもブログよませていただきます。ありがとうございました。
Posted by GIN at 2008年05月05日 22:37
母親といえば、私は、母親と欝や仕事のことで、以前大喧嘩をしてから、その話はタブーになっています。欝の状態を理解してもらえない苛立ちから、
爆発してしまった自分が悪いのですが・・・。
子供の仕事を聞かれたら、の話ですが、私も子供が二人いますが、同じように、聞かれたら困るやろうなって悩んだ時期もありましたが、今は、「自営業」で通しています。これなら、昼間家にいても、あまり変に思われないかなって。まあ、でも、本音は、ごまかさなくていいように、何でもいいから、きちんとした仕事に就きたいですけど。
でも、うちの子供も中学一年ですが、その辺のところは、もう理解しているようで、自分なりに、そういうところは考えているように感じます。
逆に、心配してくれたり、いろいろ気を使ってくれます。
抑うつ父さんのお子さんも、きっと、理解してくれる、優しい子供に育ってくれると思います。
Posted by まさ at 2008年05月05日 23:22
確かに、雨降って間もないところに、スパイクでがしがし踏まれた感じですね。
やはり、お母様は、いつまでも心配なのですね。それは、そうですよね。
この記事読みながら、自分の親も心配するだろうな、なんて思ってしまいました。
Posted by cobooo at 2008年05月05日 23:44
お辛いですね。お母様が抑うつ父さんの事を心配して言ってるのがわかるだけに…でもやはり鬱に対して理解はしてなくて…お気持ちお察しいたします。
私も昔から嫌な事があると海を見に行きました。中学生の頃は学校サボって(お腹痛いと嘘をつき早退して)バスに乗って海まで行きました。何時間もボーっと眺めてると不思議と落ち着くんです。何度海に助けてられた事だか(笑)
抑うつ父さんも今は今を大事にお過ごし下さい☆
Posted by ナナ at 2008年05月06日 03:47
皆さんがおっしゃっているので、あえてお母様の立場からは言いませんが、やっぱり「うつ」ってなってみないと分からないところが沢山あって自分自身も戸惑いがいっぱいある病気だと思っています。「ツレうつ」でも言ってましたね?「宇宙カゼ」だって(^-^)ほんとそう思います。
仕事は選ばなければ沢山あります。焦らずいきましょ!
Posted by とし@宮城 at 2008年05月06日 04:55
おはようございます。抑うつ父さん、
心を癒される海のご実家で過ごされた時間は鬱病にとって
とてもよい休養になっていると思いますよ。

私は仕事のこと、親からではなく主人からそして娘からも言われてますよ。
娘によると「内職」は仕事ではないそうです。
それと私の母はいまだに精神科に通院いている事に偏見もってます。
女の私でもそうなんですから仕事の事お母様に言われて気になるかとは思いますがやはり心配して言ってくれてるのですよね。

自分の事は自分しかわからないのでお互いマイペ−スでいきましょう!
今日はいい天気です。娘とその友達を連れて隣りの市でやってるお祭りにいってきます♪
Posted by チェリ− at 2008年05月06日 05:46
「そのときは棚上げ」って考え、大正解だと思います。

抑うつ父さんがそのときどんな仕事をしていても
たとえしていなくても、
ご自分の病気の経験をもとにこうやってインターネットを通じて多くの同病の仲間を勇気付けてる、
それは胸を張ってお子さんにもいえる一つだと思います!!!
Posted by J at 2008年05月06日 11:38
>>えまさん

『親はいくつになっても我が子の心配をするのが仕事!』

駆け出しの未熟な親である私にはまだまだ完全にその気持ちを理解するのには時間がかかると思います。
ですが、仰る通りなんだと思ってます。

ありがとうございます!
Posted by 抑うつ父さん at 2008年05月06日 21:02
>>Kazuさん

そうですね。
今はとにかく自分の与えられた時間を、生きるしかないですね。
時が経てば老いてしまうのもしょうがないし・・・

いつか判り合え、会える日がきますように。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年05月06日 21:04
>>ゆうくんさん

タイムリミットは・・・重い。

ほんとに。

でも、私はそれだけにとらわれないつもり。

目標は『元気』だから。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年05月06日 21:06
>>バンさん

同じ『うつ』でも人によって違いがあると思いますし、ほんと難しいですよね。
特に母親の言葉は重い(思い)です・・・
Posted by 抑うつ父さん at 2008年05月06日 21:09
>>GINさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

誰も好きでこの病気になる人は居ませんよね。
つたないブログですが、今後ともお付き合い頂ければと思います。

どうぞ、無理をなさらぬように。
のんびり、ゆっくりで。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年05月06日 21:12
>>まささん

ありがとうございます。

お子さん、もう大きいんですね。
優しいお子さんでいいですね。

きちんとした仕事って、いったい何なんでしょうね?

・・・いやいや、あまり考えないでおこう(苦笑)
Posted by 抑うつ父さん at 2008年05月06日 21:19
>>coboooさん

痛かったっす・・・結構。

でも親に話すのは、私的には話されるほうがいいと思いますが、
タイミングと状況によってかもしれませんね。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年05月06日 21:25
>>ナナさん

ありがとう。

私もほんと、今回は海に沢山救われました。
ほんとこんな凄い存在だったとは。
改めて偉大さを感じました。

今は今。
大事に、でも無理せず自分の歩みで。
生きます。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年05月06日 21:28
>>とし@宮城さん

宇宙かぜかぁ。

確かに心の風邪と言われますが、なかなか掴み所の無いような。
でも万病の元かもしれないし・・・

つれうつ読んだこと無いんで、実は良く判ってないんですが・・・

いい表現ですね。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年05月06日 21:31
>>チェリ−さん

お祭りは如何でしたか?

そうですね!
今回の帰省はプラスです。
そして、また自分のペースで心の力を充電したいと思います。
ありがとう。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年05月06日 21:34
>>Jさん

ありがとう。

棚上げは得意なんです(苦笑)
主治医の言葉です。

今、必ず決めなくてはならない、簡単なことなら決断しますが・・・

重要なことは先送り。棚上げして、しばらく様子をみてから、です。
Posted by 抑うつ父さん at 2008年05月06日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。