2008年05月05日

母の言葉

さて、今日はこどもの日、ですよね・・・(苦笑)
明日は振替休日。
一応確認、確認(笑)

実家での生活も明日まで。
7日に新幹線で帰ることにしました。
兄貴夫婦は先ほど渋滞の関越自動車道に向かい出発しました。

しかも、沢山忘れ物をして母が何度も携帯に電話するもなかなか出ず、
ようやくつながって、忘れ物を取りに戻って来ました。
同行しなくて正解でした・・・(苦笑)



さて、帰省してその日のこと。
母が言いました。

母「休職はいつまで出来るとかあるのか?リミットは?」
私「3年間」
母「それが過ぎたら?」
私「解雇だね。」

・・・・続けて母が、

「仕事なんか何でもいいから、なんかしなせ〜や」
「頭使わないで、体を使う仕事でも、いいねかぁ」
「パソコンなんかで仕事ってのは、良くないと思うよ」(ん、矛盾してねぇ?)
「子供が大きくなって、お父さんの仕事は?って聞かれたら・・・」

仕事は何でもいいからといいつつ、限定的に仕事とは認めないものがあり、
子供がお父さんの仕事何って聞かれたら、どうする?って。
何でもいいなら、何でもいいんじゃ?

今日も、さっき言われましたよ。

「会社行っても、適当に寝てればいいんだ」
「真面目になんかやる必要ない」

ま、一理あるかもしれないけど、寝ては居られないでしょ。

帰って来たその日に、
お父さんの仕事は何って聞かれたら、どうするって言われた時点で、
キレそうになってるもう一人の自分が、左肩の背後あたりに居ました(笑)

思いっきり、踏み込まれてしまいました。
土足と言うか、スパイクを履いてって感じで・・・
さて、この何日間、どうして過ごすかなぁって、正直参りました。

でも、そんな気持ちを落ち着かせてくれたのは、大好きな海。
嫌な気持ちは海を眺めているだけで、気持ちの中が柔らかな水色になる感じ。

母が心配をしていることは十二分に理解しているつもりです。
まあ、どうしても言いたかったのかもしれませんね。
母にしてみれば私は子供。40歳過ぎのオヤジでも息子な訳で・・・

私自身がこれまで恵まれた環境に居たのかもしれませんね。
そう言った意味では妻に感謝です。
妻も同じような思いをしているかもしれませんが、口には出しませんので。


「○○ちゃん、お父さんはどんなお仕事してるの?」

娘や息子がその質問に答えられる年齢になったとき、
私がどうしているかは、今現在はハッキリ言って判りません。
かなりプレッシャーです。実際・・・ きつい。

でも、その時はその時。
今はそう考えて、棚上げしておきたい。

正直な気持ちです。

バナー nekoバナー
 ←応援お願いしま〜す


詩集の出版化(紙媒体)を目指してます!
COLORFUL ―イロトリドリ― 宮下幸子作
こちらも応援お願いします♪


posted by 抑うつ父さん at 20:36| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。