2008年05月04日

憲法記念日、だったんだ!?

昨日は『法事』としか意識して無かったんですが、
日本全国的には『憲法記念日』だったんですね・・・
すっかり忘れてました。

だから、坊さんが憲法九条の話をしたのかぁって
今更思いました。(遅)

私は憲法九条に関して特に詳しい訳ではありません。
内容だって知っている訳でもありません。
ただ、この九条のおかげで日本の憲法は『平和憲法』と言われている。
その程度の理解です。

坊さんは右でも左でもない、とにかくユニークな人物です。
主な趣味の一つが海です。
ダイビングをしたり、船で出たり、若い頃は水上スキーもやってたとか。

父が近くの小学校の校長を数年間やった関係で、生前より父とは知り合いで、
まあ、檀家だから知り合いも何もないか・・・
でも、お寺−檀家の関係だけではなく、親しくしてもらってたみたいです。

坊さんと私の意見の一致は『憲法九条は日本の宝』
世界唯一の特殊な憲法で、日本はそれに誇りと責任を持って外交をするべき、
と言うことでした。

戦争を放棄し、戦力を持たず、戦争を売られても買わない。

もう、アメリカとの関係は見直してもいい時期では。
自衛隊は「平和維持隊」とか名前を変えて。
戦車なんか要らないから、全部農機具とかトラックにすればいい。
戦力や武器になるものを税金で買わず、福祉や医療に使うべき。

などなど・・・

まあ、右なのか左なのかはともかく、戦争などをしてはいけないし、
平和憲法と呼ばれる、その憲法そのものが最大の武器では無いかと。
(これは私の私見ですが)

そんな話で車中盛り上がってました。

徴兵制ではなく、今の日本はやはりいろいろな面で子供達、少年少女の
心の育成が、学力低下よりも深刻では無いかと危惧する坊さん。
2年くらい「平和維持活動」の義務教育を取り入れるとかすれば、
だんだんと変わってくるのでは、と。

なるほどなぁ。
それもいい案かも、と私。

日々、21世紀は『心』の時代にしたいと思っている私と、
坊さんの思いは、どこかで繋がっている。そう感じました。

Wikipediaで調べると、解釈上の問題点とあります。
これは意図的すぎ。Wikipediaとしてこれを残している事に疑問を感じます。
解釈上の問題点を言うのは憲法を変えたい、戦争できちゃう国にしたい・・・

そう考えている一部の人が言ってる話し。
解釈の仕方は人それぞれなのも当然な話し。

『戦争を放棄し、戦力を持たず、戦争を売られても買わない』

これ、他に解釈できちゃうんですね?(苦笑)
それは頭の良い人?

とにかく私たちは、子供の将来、そのまた子供達の未来に
戦争の歴史を再び残しては行けないのです。
私は、そう思います。

バナー nekoバナー
 ←応援お願いしま〜す


詩集の出版化(紙媒体)を目指してます!
COLORFUL ―イロトリドリ― 宮下幸子作
こちらも応援お願いします♪


posted by 抑うつ父さん at 19:04| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。