2008年04月11日

うつは治す病気

来週の月曜日にこちらに帰ってくることが決まったみんなですが、
まだ息子も娘も絶好調って感じではなく、
結局今は妻が風邪が一番酷いって、病院で言われたみたいです。

自分の都合で、いろいろと負担を掛けてしまい
家族には申し訳なかったなぁと思ってます。


私が良く見に行くHPの一つに
『Dr.林のこころと脳の相談室』
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/index.html
ってのがあります。

まあ正確には最近はそんなに見てませんでしたが、最近また少し見てみました。
『うつ病』のところをみると、
うつ病は治る病気です。と記載されてます。

そして、さすが精神科医のページだけあって、いろいろと情報が載ってます。
まあ、ココを見るだけでも、何か本を買って読んでみるのと同じくらい、
うつに関しては病気であることの理解が深まるかもしれません。

医師は医師の立場から、治る病気です、と言ってられると思います。

ふと考えてみました。
私は違うと・・・私は、

うつは治す病気です。

これが私が思っていることに近いかなぁ〜と。
医師の診察、カウンセリング、投薬、休養、リハビリ・・・
様々な治療法を駆使して、『治る』んじゃなくって『治す』んじゃないかと。

能動的な意味を持って病気と向かい合い、
治すんだ、って思うことが一番大切だと思ったんです。
勿論、こう言う思考にたどり着く、もしくはそう言う思考を持つことは、
うつの段階によっては、止めた方がいい場合もあると思います。

特にうつの初期はそんな事考える余裕などありませんし、
病気だって言うこと自体を認められない時期があると思うからです。

で、自分は『治す』ために、きちんとした方向性を持っているか。
足踏みはしててもいい。向いている方向さえ正しければ。
少し考えてみました。

今の自分は少し方向性を見失っている様子です。
足踏み状態ではなさそうですが、若干彷徨っている、と言ったほうが
適切かもしれません。

少し舵とりが上手に出来て無い感じがします。
それには様々な要因があるのでしょう。
復職に関して積極的に考えられないのが最大の要因だと思います。

『元気になりたい』『元気な自分に戻りたい』
これはこれで今でも強くそう思ってますが、これは結果です。

今は、原因探しや方向性を見失うことにパワーをあまり使わなくて、
もう少し、次の段階ではないかと自己分析しています。

今は心のパワーを蓄えて、うつを『治す』準備期間。
これに私を支えてくれる家族、母親などとのベクトルが一致すれば、
必ず治すことが出来ると信じています。

自ら『治す』と力強く思える。
そうできるように。
そうなれるように。

バナー nekoバナー
 ←応援お願いしま〜す


posted by 抑うつ父さん at 17:56| Comment(16) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。