2008年01月09日

私がうつじゃなかったら・・・

もし私がうつじゃなかったら・・・

今日はそんなことばっかり考えてました。


夜中に左の肋骨の辺りが痛くて目が覚めました。

私はいつもだいたい左を向いて寝ます。
抱き枕を抱いて。

突然、何とも言えない痛みで目が覚めました。
なんだ!なんだ?
原因はわかりませんが、肋骨の周辺が痛くて、
もう、その時点で今日はプールに行くの止めようと思い
体を右向きにしてもう一度寝ました。

もし私がうつじゃなかったら・・・

この程度のことで、プールに行くのを止めただろうか?
とりあえず湿布を貼って痛みはなんだか
少し減ったような気がするけど。
ほんの些細な事で簡単に気持ちが折れてしまいます。


もし私がうつじゃなかったら・・・

私に対して言えない分、
娘に対しての接し方に影響が出てしまう妻。
毎日毎日、朝から晩まで、
妻の叱る声と
娘の泣く声がする。
私のせいだ。
自分のせいなのに逃げたくなる。
卑怯者。

それでも、
子供にだけはまっすぐ向き合わなくてはと思い、
辛抱強く向き合っているつもりです。
でも、いう事を聞きません。
辛抱強く何度でも頑張ります。
でも、いう事を真面目に聞こうとしません。
目の前の娘は素直さを忘れたかのように、
いう事を聞きません。
自分のせいだと、自分に言い聞かせ、
辛抱強く頑張ります。
でも、もう折れそうです・・・
自分のせいなのに。

もし私がうつじゃなかったら・・・

毎月ある程度安定した収入を得て、
家族が安心して生活できたろうに。
妻は口にはそんなに出しませんが、
やっぱり家計が心配なんだと思います。
私も心配です。悩みの種です。
贅沢までは望まなくても、せめて少しでもゆとりある
生活をしたいんだと思います。
私が会社に行けていれば、
そんな心配を掛けずにすんだはずです。

もし私がうつじゃなかったら・・・

家族はもっと明るく、いつも笑顔が絶えない
そんな家族になっていたんではないか、と。
そんな思いに至ると、
申し訳なくて申し訳なくて、
切なくなります。

もしかすると、
今と全く変わらない生活だったのかもしれません。
でも、うつじゃ無い過去を経験していないので、
どうしても理想的な生活をしていたのでは
と、思ってしまいます。


でも、もう過ぎ去った時間は帰ってきません。
取り戻す事も絶対に不可能です。
今は後悔の念で一杯です。

いつかその後悔が少しでも減って
元気な心を取り戻せるように、
そう思って
そう信じて
生きるしかありません。

人気バナー小 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ←1日1回ポチっと。


posted by 抑うつ父さん at 22:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。